シミ、そばかすのレーザー治療なら、開院14年、治療実績60,000症例以上の肌のスペシャリストがそろう皮膚科 フェミークリニックへ

 シミ・そばかす

ひとえに「シミ」と言っても、表現のされ方はそれぞれです。くすみと言われたり、くまやアザと混同されたりもします。また医療の観点からのシミの分類でも、老人性色素斑、そばかす(雀卵斑)、肝斑、ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)、炎症後色素沈着、脂漏性角化症、など多くの種類があります。

代表的なシミの種類

メラニン発生のメカニズム

シミの正体はほとんどの場合、皮膚に存在するメラニンという色素であると言われます。
メラニンの発生と日光、特に日光に含まれる紫外線という不可視光線と密接なつながりがあります。紫外線の特徴は、同じ不可視光線である赤外線や可視光線と比較して光の波長が短く、エネルギーが大きい点にあります。紫外線はこの特徴により物質に化学変化を起こさせやすいため、殺菌などに活用されます。紫外線を浴びることは、ビタミン生成に必要など、人体にとって有益な点もありますが、一方でその大きなエネルギーにより大切な細胞やDNAが壊される危険性があります。そこで人体は紫外線に対する防衛反応として皮膚にあるメラノサイトという細胞から、メラニンを生成します。メラニンは紫外線を吸収し、細胞やDNAが傷つけられることを防ぎます。これが日光を浴びることによるメラニン発生のメカニズムで、一般に日焼けと呼ばれるものです。

シミと日焼けの違い

シミを予防するために、日焼けをしないようにすることは広く知られています。日焼け防止はシミ予防にとって非常に大切です。

しかし、シミと日焼けは違うものです。ご存知のように、日焼けで黒くなった皮膚はおおよそ1ヶ月ほどで新しい皮膚に剥け変わります。これは皮膚のターンオーバーと呼ばれる生成周期によるもので、皮膚の比較的深い場所にあるメラノサイトにおいて生成されたメラニンはターンオーバーにより徐々に表面に押し出され、剥けた皮膚や垢と一緒に排出されます。

しかし、何らかの原因によりメラノサイトでメラニンが生成され続けたり、もしくはターンオーバーの乱れによりうまく排出されなかったりして、皮膚中にメラニンが蓄積しつづける状態になることがあります。この状態がシミとなります。

シミができる仕組み

メラノサイトの活性化、ターンオーバー乱れの原因

メラノサイトの活性化、ターンオーバーの乱れ、にはそれぞれ以下のような要因が考えられます。

メラノサイトの活性化

  • 継続的な紫外線受浴
  • 触りすぎ・こすりすぎ
  • ニキビ・アトピーなどの炎症
  • 女性ホルモンの影響

ターンオーバーの乱れ

  • 継続的な紫外線受浴
  • 加齢
  • 生活の乱れ、ストレス
  • 喫煙
  • 間違ったスキンケア

これらの要因が複合的に絡むことでメラニンの蓄積を促し、シミになっている、と考えられます。

シミ・そばかすのケア・改善のために

  PAGE TOP