シミ、そばかすのレーザー治療なら、開院14年、治療実績60,000症例以上の肌のスペシャリストがそろう皮膚科 フェミークリニックへ

 ADM

ADMについて

ADMのイメージ

シミの中で、皮膚の深い位置にある真皮にできるのがADMです。別名で後天性真皮メラノサイトーシスといい、ほほの部分に左右対称に集まることが多いため肝斑と間違いやすく、診断の難しいシミです。アザと定義されることもあります。

典型的なパターンは20歳以降に発症する後天的なもので30代~40代に多くみられます。頬や額の両側、小鼻の上などに、そばかす(雀卵斑)より少し大きく、茶褐色、灰色もしくは青紫がかった色の斑点状のシミとして発生します。額の生え際や下まぶたにびまん性(地図状)に広がることもあります。経過によってシミの色が変化していく点も特徴となります。はっきりとした原因は特定されていませんが、紫外線や遺伝が関わっているとされます。

治療方法

深い真皮層にあるメラニンを破壊、消す必要があるため、レーザー治療(QスイッチYAGレーザー/アレキサンドライトレーザー)が第一選択となります。老人性色素斑やそばかす(雀卵斑)、肝斑と混在していることも多いため、肝斑治療などを平行して行うこともあります。

日常のケア

まだ原因が特定されていませんが、すべてのシミの主因とされる紫外線対策は必要です。日頃から日焼け防止に注意しましょう。

シミ・そばかすのケア・改善のために

  PAGE TOP