シミ、そばかすのレーザー治療なら、開院14年、治療実績60,000症例以上の肌のスペシャリストがそろう皮膚科 フェミークリニックへ

 肝斑

肝斑とは

肝斑のイメージ

目の周囲を除いた頬の高い位置や額などに、左右対称で現れる、やや赤みを帯びた黄褐色のシミです。形状が肝臓に似ていることから肝斑という名がついたとされています。紫外線の影響を受けやすく、夏になると色が濃くなるなど、季節や体調で変化していきます。特に30~40歳代の黄色人種の女性によくみられますが、早い方では20歳代後半から現れます。広範囲にわたることが多いため、隠すにしても一苦労なやっかいなシミです。

肝斑はまだ明確な原因がわかっておりません。シミの主因である紫外線の他にも、閉経すると症状が軽くなり自然に治癒することがあり、妊娠やピル(経口避妊薬)の使用で発生したり悪化したりもするため、プロゲステロンなどの女性ホルモンが影響するとも言われます。また皮膚への過剰な刺激やストレスなども悪化の原因の1つとされます。

治療方法

肝斑の治療は、レーザートーニングが第一選択となります。レーザートーニングとはメドライト(MedLite) C6という最新の治療機材を使用する、現在唯一肝斑に対して積極的に利用できるレーザー治療法です。

老人性色素斑などで用いるQスイッチレーザーによる治療は肝斑へは禁忌(やってはいけない事)とされています。通常のシミと違い、肝斑はメラニンを作るメラノサイトがちょっとした刺激で活性化しやすい状態になっているため、レーザーで治療を行うとむしろ悪化する可能性があるからです。これに対し、レーザートーニングは、広範囲に低刺激なレーザーを均一に照射するため、メラノサイトを活性化させる余計な刺激を与えることなく、蓄積したメラニンを少しずつ減らしていくことが可能です。元来用いられている、トランサミン、シナール、ハイチオールなどの内服薬やハイドロキノン、ルミキシル、センシル(ビタミンC)などの外用薬、成分導入(アクシダーム)、ケミカルピーリングなどは、レーザートーニングとの併用により効果を高めるために用いられます。

 レーザートーニングの詳細はこちら

日常のケア

他のシミと同様に日焼け対策が基本となりますが、肝斑は悪化させないため、顔を日常的に触る癖やスキンケアに注意が必要となります。皮膚への刺激や摩擦が問題となるので、クレンジングはなじませる程度に、洗顔は泡で洗う、化粧水はコットンでこすらない、クリームや美容液は手の平の広い面でなじませる、などなど、日常の生活習慣の改善や見直しが大切です。

シミ・そばかすのケア・改善のために

  PAGE TOP