シミ、そばかすのレーザー治療なら、開院14年、治療実績60,000症例以上の肌のスペシャリストがそろう皮膚科 フェミークリニックへ

 ケミカルピーリング

ケミカルピーリングについて

ピーリング症例

通常、皮膚細胞はターンオーバーによって、約28日周期で肌の表面から剥がれ落ちていきます。しかし、様々な要因でターンオーバーの周期が乱れ、古い角質が剥がれ落ちずに蓄積されていくことでシミなどの肌トラブルの原因となります。多様な肌トラブルを改善する治療の一つとしてケミカルピーリングがあります。

ケミカルピーリングは、酸を使って強制的に古い角質を剥がし、ターンオーバーと新しい肌の生成を促進する治療法です。ピーリング(剥離)することで肌が新しい細胞へと生まれ変わることをバックアップすることで、シミやくすみが薄くなり小じわが目立たなくなるなどし、肌が本来持っているキメの整ったみずみずしい美しさを取り戻す効果があります。

治療方法

当院では、サリチル酸マクロゴールまたはグリコール酸を使用しており、ピーリング剤を患部に塗布することで機能の低下した角質層を剥がします。酸は角質層のみに留まるため痛みや赤味が出にくく、副作用が少ない治療法といえます。また年齢を問わず、10歳代から70歳代と幅広く治療を受けていただくことができます。

ケミカルピーリングはイオン導入を併用して行いますが、特にアクシダーム(成分導入)や光・高周波治療、レーザートーニングやサーマクールなどと併用した場合は高い相乗効果でさらに高い改善が期待できます。

施術後の注意点

ケミカルピーリングの施術後はしっかりとした保湿ケアを行う事が重要で、肌の機能をより早く正常に戻す事ができます。また、スクラブなどによる過剰な洗顔は肌に刺激となりますので避けて頂きます。施術の際、医師・スタッフから保湿や洗顔のアドバイスを致しますので、ご不明な点などありましたらご質問ください。

  PAGE TOP