シミ、そばかすのレーザー治療なら、開院14年、治療実績60,000症例以上の肌のスペシャリストがそろう皮膚科 フェミークリニックへ

 老人性色素斑

老人性色素斑について

老人性色素斑のイメージ

年齢を重ねたときに最もできやすいシミで、一般的にシミと呼ばれているものは、この老人性色素班である事が多いです。日光性色素斑や日光黒子と呼ばれたりもします。

そばかすのような小さいシミがたくさん生じる時と、大きなシミが1個~数個できる時、また両者が混ざる事もあります。顔であれば、中心よりも外側にできやすい傾向にあります。その他、紫外線があたりやすい手の甲、腕などに見られやすいものです。年齢と共に数が増加し、色も濃くなり、放置すると皮膚が盛り上がってきて、脂漏性角化症になるケースもあります。

30~40歳前後で目立ち始めるのが一般的です。50代では8割前後の方に出現するようになります。

原因は、日常的に繰り返し紫外線を浴びたり、長時間紫外線を浴びたりすることにより、皮膚のメラニン細胞が活性化して、過剰なメラニンを作るために起こります。

治療方法

老人性色素斑の治療は、第一選択はレーザー治療(QスイッチYAGレーザー/アレキサンドライトレーザー)になります。レーザーは1つの波長だけでできている光で、シミなどの色素細胞のみを選択して壊すことができるため、正常な皮膚へのダメージを最小限に、シミの色素だけを壊すことが出来ます。

QスイッチYAGレーザーでの治療によるダウンタイム(施術後、テープを貼る期間)が困難な方は、e-max(フォトRFオーロラ)で徐々に薄くしていく方法もあり、アクシダームやケミカルピーリング、内服、外用などの併用で効果を高めることも出来ます。

日常のケア

老人性色素班は肌の老化現象の一種であるので、加齢とともに増加します。そのため、日ごろから日焼け止めクリームを使用し、夏場は帽子や日傘など更なる遮光を心がけることが大切になります。

当院の老人性色素斑治療

当院では、まずレーザー治療(Qスイッチアレキサンドライトレーザー/QスイッチYAGレーザー)を選択し、治療を進めます。
1週間程度で、かさぶたが剥がれ落ち、新しい皮膚へ再生します。1度の治療で改善するケースは珍しく、再発する可能性もある為、外用薬でのフォローや、数回治療を進める事で改善されます。しかし、術後1週間はテープ保護を要する為、テープ保護が困難な場合は光治療(e-maxSR/フォトRF)等で回数をかけて徐々に薄くしていく事も可能です。
老人性色素斑は一度出来てしまうと大きくなり、濃くなる一方で、脂漏性角化症へ進化する場合もあるので、早めの治療をオススメします。

シミ・そばかすのケア・改善のために

  PAGE TOP