シミ、そばかすのレーザー治療なら、開院14年、治療実績60,000症例以上の肌のスペシャリストがそろう皮膚科 フェミークリニックへ

 炎症後色素沈着

炎症後色素沈着とは

炎症後色素沈着のイメージ

にきび、虫刺され、かぶれ、アトピー性皮膚炎、やけど、外傷など、皮膚の炎症が発生した後、色素が沈着して起こるシミで、年齢に関係なく発生します。通常は炎症が治まれば徐々に自然消滅するものですが、炎症部位において古くなった角質のターンオーバーがうまくいかず、排出されるべきメラニンが肌表面に残り続けるとシミとなります。多くの場合は一過性で、炎症が続かなければ半年以内に消失しますが、刺激が繰り返されて真皮内にまでメラニンが落ちてしまった場合は長期間消えないこともあり、また紫外線を大量に浴びた場合、更に濃くなることがあります。

治療方法

炎症後色素沈着は基本的に何もせず保湿を心掛けていれば自然に消失します。レーザーや光・高周波の照射など、さらに炎症を加えるような施術は行いません。外用・内服治療を行い、経過が不良な場合はアクシダームによる有効成分の導入などを行うこともあります。ただし最新治療法であるレーザートーニングは、炎症後色素沈着の治療にも有効です。

日常のケア

炎症後色素沈着は、数か月から数年で自然に消失するシミですが、色素沈着状態で日焼けを重ねるなどすると、さらに色素沈着が続いたり、濃くなったりすることがあり注意が必要です。シミ治療の基本である日焼けをしないことに加え、炎症部位へ追加の刺激を与えない注意が大切です。

またお肌のバリア機能が衰えると皮膚は刺激を受けやすくなり、炎症を起こしやすくなります。日常のスキンケア、特に保湿を心掛けるようにしましょう。

シミ・そばかすのケア・改善のために

  PAGE TOP